どうする?急な出費の時の対処法

カードローンに申し込む

急な出費が必要になった場合は、カードローンに申し込んで借り入れをするという方法があります。カードローンの種類としては、銀行や消費者金融業者のものがありますが、融資までのスピードを重視するのであれば、消費者金融業者のカードローンになります。消費者金融業者のカードローンの場合は、最短で30分という短時間で審査を完了させることができます。30分で審査が完了できれば、借入までおよそ60分から90分という短時間で融資が可能になります。申し込み方法としては、自動契約機やスマートフォンのアプリから申し込みを行うことができます。ただし、借り入れができる額としては、年収が3分の1までという総量規制がありますから、限度額には注意する必要があります。

定期預金を担保に借り入れを行う

もしも銀行に定期預金や積立預金があれば、それらを解約することによって、すぐに現金を入手することができます。しかし、今まで長期的にわたって預金や積立をしてきたので、できれば解約したくないという人もいるかもしれません。そのような場合は、預金を担保にお金を借りるという方法もあります。定期預金の場合は自動貸付、もしくは当座貸越などと呼ばれるもので、普通預金がマイナスになった時などの条件を満たした場合、借り入れを行うことができます。この借入方法であれば、カードローンなどのように審査は必要なく、金利もカードローンよりも低いので、借り入れしやすい方法であると言えるでしょう。ただし、借り入れをしたお金は定期預金の満期を迎えるまでに普通預金に返済する必要があります。